スウィング ゴルフ

ゴルフのスウィング写真や動画など、アマチュアの参考になる情報を更新していきます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アダム・スコット ドライバー スウィング動画

アダム・スコットのドライバースウィング動画です。


豪州出身で、スイングがタイガー・ウッズに似ているため、

当初のニックネームは「ホワイトタイガー」だった。


高校はインターナショナルスクールなので、

日本語も少しわかるため、日本人に多くのファンを持つプレイヤーでもある。


米ツアーでは順調に勝利を重ねており、

2005年は「ニッサンオープン」でプレーの末に優勝。

2006年は「ザ・ツアー選手権」、11年には「WGCブリヂストンインビテーショナル」で優勝。


2012年の全英オープンでは、

あと一歩で初メジャータイトル!

というところで、悪夢の終盤4連続ボギー・・・、


アーニー・エルスに優勝を奪われた。


現在使っている長尺パターの規制で

今後どうなるか?







癖のない綺麗なスウィングなので、

アマチュアには良いお手本になるスウィングでしょう。


フィニッシュが綺麗に決まるような

体重移動を心がけると、

安定したスウィングになると思います。


球が曲がる人は、

フィニッシュも安定しないことが多いですよね。


フィニッシュで右足に体重が残って、

野球のバッターがヒッティングした後のように

左足が大きく動いてしまったり、


左足に体重が乗っていても、

フィニッシュで前後にふらついたり・・・。


球が安定しない人は

アダム・スコットのように

フィニッシュを綺麗に決める練習をすると

ミー率がアップするかもしれません。


| アダム・スコット | 12:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

池田勇太 ドライバー スウィング動画

池田勇太のドライバースウィング動画です。


石川遼のライバル的な存在として見られる方も多いと思いますが、

まだ賞金王も獲っていません。


しかも通算勝利数も石川遼に並ばれ、

韓国勢と藤田寛之や谷口徹らのベテラン勢の活躍もあり、

賞金王争いにも顔を出せなくなってきています。


しかし、スイング自体はアマチュアが真似しやすい

打ち込むようなスイングなので、

上半身と下半身のねじれ(捻転ねんてん)が

うまくできない体の硬い人にはお勧めのスウィングです。







しっかり体重移動をして、

上から打ち込んでみてください。


ドライバーでもボールの位置が正しければ、

しっかりロフト通りに球が上がります。

| 池田勇太 | 11:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルーク・ドナルド ドライバー スウィング動画

ルーク・ドナルドのドライバースウィング動画です。


特にメジャー優勝や、年間で5、6勝するような

目立った活躍を見せているわけではないが、

堅実なゴルフで、常に成績は上位にいる。


2011年には、世界ランキングトップになり、

欧・米両方のツアーで賞金王になった。







飛距離を出したい人にはお勧めしないが、

正確性を求めている人には、お手本となるスイングです。


フォローでのリストターンは、右手でやると失敗のもとです。


左で押し込むイメージで真似すると

良いかもしれません。

| ルーク・ドナルド | 11:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

藤田寛之 ドライバー スウィング動画

2012年の賞金王・藤田寛之のドライバースウィング動画です。


1992年にプロ転向し、1997年の「サントリーオープン」で初優勝。

その後、勝ち星から遠ざかっていたが、

2001年の「サンクロレラクラシック」で勝利。


2001年、2002年と2年連続で賞金ランキング12位に入り、

2003年には遂にトップ10入りの7位に。


2004年の「東建ホームメイトカップ」でも、

18番ホールのバーディパットを沈めて大逆転優勝を果たすなど、

従来の堅実なゴルフに加えて、勝負強さも備わってきた。


2005年でも「マンシングウェアオープンKSBカップ」で完全優勝。

2006、2007、2008年と未勝利に終わったが、

年を追うごとに完成度を増していき、

2009年には自身初となる年間2勝を挙げると、2010年も2勝を達成。

2012年には年間4勝を挙げ、ついに賞金王へと上り詰めた。


43歳での賞金王初戴冠は、ツアー史上最年長記録を更新。








一見、独特のフォームのように見えるが、

グリップは意外とフック気味のグリップで、

腰のキレを生かし、パワーフェードを打っている。


フェードと言っても、

藤田寛之の打球は、真っ直ぐに近い。


ボールが落ちる前に少し右に落ちていく程度のフェードだ。



藤田の真似をして打ち、20ヤード以上も曲がるボールを打って、

フェードと言って勘違いをしているアマチュアがいる。


フェードではなくそれはスライスだ。


コントロールできている範囲のスライスだ。

決してフェードではないのでご注意を!

≫ Read More

| 藤田寛之 | 11:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮里藍 ドライバー スウィング動画

宮里藍のドライバースウィング動画です。


2004年にプロへと転向し、

初戦の「ダイキンオーキッドレディス」を含め、瞬く間に5勝を挙げた。


翌年も勢いが止まらず、年間6勝をマーク。


2006年から米国女子ツアーに参戦し、

06年は優勝こそできなかったが2年間のシード権を獲得。


参戦4年目の09年、「エビアンマスターズ」で待望の米ツアー初勝利を挙げ、

歓喜の涙を流したのを覚えている人も多いだろう。


さらに翌10年には年間5勝を挙げる活躍を演じ、

一度は世界ランキングトップにもなった。









ゆったりとしたスウィングだが、

154cmという小柄ながら

男性のアマチュアゴルファーよりも飛距離を出すスウィングは、

多くのお手本となるだろう。


| 宮里藍 | 10:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。