スウィング ゴルフ

ゴルフのスウィング写真や動画など、アマチュアの参考になる情報を更新していきます。

2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

100どころか一気に90切り! 第22回 もう、花道からザックリしたくない

せっかく花道からのショットなのに、

ザックリしてはかなりショックですよね。


その時のうまい打ち方のレッスンです。






実際にコースでは、とにかくボールを打つことに集中してください。


結果を見たくてヘッドアップすることが

トップしてしまう原因になります。


しかもグリーン奥にOBがあっては、

ガックリしてしまいます。


一番やってはいけないのが、ざっくりよりも

トップしてホームランです。


スポンサーサイト

| アプローチ | 11:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100どころか一気に90切り! 第21回 5番ウッドを自信の1本にしたい

5番ウッドのレッスンです。


ティーアップしないので、

スイングを変えずに、アドレスで調節しましょう。





うまく打てない時には、

パンチショットを練習しましょう。


フルスイングよりも方向性がアップして、

飛距離もそれほど落ないので、

ラウンドにはとても使えるショットです。

| フェアウェイウッド | 11:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100どころか一気に90切り! 第20回 ドライバーが不調時の立て直し方

前日まで調子良かったのに、

当日に不調になるってことがありますよね。


特にドライバーはそういうことがよくあります。


その対処法をご覧下さい。




どうしてもラウンドの前日は、

練習したくなりますが、

前日にたくさん打ち込むのはやめたほうが良いですよ。


せいぜい100球くらい打って終わりにしましょう。


疲れて当日の後半にバテてします。


| ドライバー | 11:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100どころか一気に90切り! 第19回 目玉~ボールが砂に潜ったとき~

目玉のバンカーショットのレッスンです。


バンカーに入れなきゃいいのですが、

入ってしまったら仕方ありません。


脱出方法を頭に入れておいても損はないので、

是非、参考にしてください。




2通り解説しておりますが、

1つ目の方を参考にしてみてください。


さらに、上を目指すなら2つ目の方法を試してみてください。


また、もう一つの脱出方法として、

ピンより少し右を向き、

クラブフェースを極端にかぶせます。


動画の1つ目の方法よりももっとです。


そして普通に打ちます。


2つ目の方法と全く逆で、

フェースのトウ(先)の部分から砂に入り、かぶせた分少し左に打ち出します。


意外とうまく脱出できますので、

お試し下さい。


| バンカー | 11:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100どころか一気に90切り! 第18回 ツマ先上がりからどう打つ!?

つま先上がりのレッスンです。


つま先上がりだと、どうしても球が左に行きやすいです。

ですが、この方法だとそれほどフックせずに打てます。




特に、持ち球がドロー系に人は、

フックしないように打とうとしてダフったりするミスが出やすいですが、

このつま先体重を心がければ、

それほど曲がりが大きくなく打てますので、

試してみてください。

| つま先上がり | 07:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100どころか一気に90切り! 第17回 方向性重視のドライバーショット

ドライバーショットのレッスンです。


ドライバーは、最も飛び、最も曲がりやすいクラブです。





動画で言っているように、ドローボールやフェードなどが

打てないようなら、

ティーアップの位置だけでも参考にしてください。


もし、狭いホールがどうしても苦手なら、

プロでもよく使う、パンチショットを多用しても良いでしょう。


パンチショットなら飛距離は出ませんが、

方向性は上がります。


無理にフルショットで曲げるよりも、

逆に飛距離が出て方向性も良い場合が多くなります。


是非、お試し下さい。

| ドライバー | 07:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100どころか一気に90切り! 第16回 ロングパット、距離感の出し方

パッティングのレッスンです。


パッティングは結構地味な練習なので、

ラウンド前にやろうと思っても、

すぐに飽きてしまいませんか?


ですが、そこで飽きずに、

課題を自分で作り黙々とやってみてください。





グリーンの広さにもよりますが、

ロングパットは、広いグリーンのコースなら、

20ヤードくらいのパッティングも、

やっておくといいですよ。

| パッティング | 07:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100どころか一気に90切り! 第15回 バンカーショット再考

バンカーショットの新しい打ち方です。




びっくりしましたか?

バンカーは、「オープンに構えて、カット気味に打つ」のが、

基本だと聞いたことがあると思います。


しかし、それでもうまく打てないときは、

動画で解説されているように、

クローズに構えてみましょう。


ラウンドで調子が悪い日などは、

ちょっと思い切って試してみるといいかもしれません。

| バンカー | 07:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100どころか一気に90切り! 第14回 アゲンストで打つアイアン

アゲンストでは力が入りやすく、

ミスショットが出やすいですよね。


そんな時に、どのようにして打てば良いか?

ご覧下さい。




もし、この動画解説を意識してもミスしてしまうのであれば、

風の強さ分番手を上げるだけで、

あとは、「いつも通りに打つ

ことに集中した方がうまくいくでしょう。


変に三角形を崩さずに・・・という意識が強いと

ミスする可能性が高くなります。

| アイアン | 07:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100どころか一気に90切り! 第13回 ザックリが怖い グリーン周りの薄芝

ライが悪い時のアプローチの仕方です。


練習もしていないのに、

ライが悪いところから、ベタピンを狙う人を良く見かけますが、


普通のライとは違うポイントがありますので、

頭に入れておくと参考になりますよ。





上から直接叩くようにすると、

球も上がりミスショットを減らすことが出来るでしょう。


| アプローチ | 11:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100どころか一気に90切り! 第12回 3番ウッドがうまく打てない

フェアウェイウッド(3W)の打ち方です。


基本的に打ち方は、全て変わらないはずなのですが、

ちょっと苦手意識のある方は、

ある事を意識して打つことで、

上手く打てるようになります。


ティーアップしているボールを打つ時も、

締めにおいてあるボールを打つ時も、

スイング自体は変わらないのですが、


ティーアップしているボールを打つときは、

ヘッドの最下点より少し目標方向寄りにボールを置いて打ちます。


そうすれば、アップライトに打つことが出来、

飛距離も伸びていきます。


地面から打つときは、

丁度最下点にボールを置いて、

いつものように振れば良いだけです。


上手く打てないという方は、

スイングそのものを見直す必要があるかもしれないですね。






| フェアウェイウッド | 11:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100どころか一気に90切り! 第11回 バンカー越えのアプローチ

バンカー越えのアプローチです。


バンカーが目の前にあると、

どうしてもプレッシャーがかかりますよね。


ダフってバンカーに入れてしまわないように、

気を付けて打とうとすると、

トップして、グリーン反対側のバンカーへ!

などということがよくあります。





バンカー越えであろうが無かろうが、

どのように打つか決めたら、

目の前のボールを、しっかり打つということだけに集中しましょう。

| アプローチ | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100どころか一気に90切り! 第10 回ピンまでの距離120ヤード

アプローチのレッスンです。


体をひねるということが出来ていない方も多いようです。


体を回すのではなく、

ひねる!!!


それではどうぞ!





「右足に体重を乗せる」

という勘違いをしている人も多いようですが、


そうではなく、


ひねると体がキツイので、

左足のかかとが少し上がる⇒勝手に右足に重心が移る


ただそれだけなんです。


多くのアマチュアゴルファーが体重移動をし過ぎて、

体がブレてしまい、

ボールを芯でとらえられていないでいます。


ひねる!

これを忘れずに!


| アプローチ | 11:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100どころか一気に90切り! 第9回 カップインの確率をもっと高めたい

コースに行き、朝イチの練習でパッティング。

良いスコアを出すには、どういうパッティング練習をすれば良いか?


ただ単にカップを目掛けて打っていませんか?





重要なのは、距離感です。


距離感が合わないと3パット4パットを出して、

スコアをまとめることは出来ません。


ラウンドするコースのグリーンが大きいか小さいかでも、

練習する距離感は変わってきます。


初めてのコースでも、1グリーンか2グリーンかで、

グリーンの大きさが大体わかりますよね。


2グリーンなら少し小さめです。


小さめなら大体10ヤードから、長くても15ヤードの距離感が

つかめればバッチリでしょう。


大き目のグリーンなら、

20ヤードの距離感も掴んでおいた方が良いと思います。

| パッティング | 07:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100どころか一気に90切り! 第8回 距離の長いバンカーショットでは!?

100どころか一気に90切り! 第8回 距離の長いバンカーショットでは!?

距離の長いバンカーショットに限らず、

バンカーショットは苦手と言う人は多いようですね。


練習場で打つような、平らな場所で打つのと

大きく違った打ち方をしなければいけない・・・

と勘違いしているようですが、

そうではありません。





フェースを開いて打つと、少し右に打ち出すので、

その分アドレスを左に向いて構えるだけ。


普通の平らな場所での打ち方の応用ですから、


あまり難しく考えないで思い切って打ちましょう。


| バンカー | 10:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100どころか一気に90切り! 第7回 左足下がりからクリーンヒット .

左足さがりの打ち方です。


左足下がりで、どうもトップしてしまう・・・

という人が多いですよね。


アドレスの時点で間違ったアドレスをしている人、

アドレスは良いが、スイングを始めると、

アドレス時よりも大きく上体が動いてトップしてしまう人、

様々いると思います。



この動画で、トップやスライスなどなく、

左下がりからナイスショットが出るように

頑張ってみてください。





| 左足下がり | 01:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。